Ermitejo - エスペラント語日本語翻訳

#BLOGO
2009/1/29

HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論

分類: 開発記 / タグ: , , , , , , , , ,

日本広しといえど、今更エスペラントと日本語の翻訳システムという「車輪の再発明」を行おうという物好きは私くらいのものだと思っていましたが、先日物好きの仲間が増えました。アキラさんという方です。「エスペラントを勉強せずに」というブログを立ち上げられ、精力的に更新を続けていらっしゃいます。

ブログを数ヶ月も平気で放置するどこかの誰かはアキラさんの爪の垢を煎じて飲むべきだと思いました。

という反省はさて措き。そんなアキラさんが上野式システムにいたく驚かれているようです。「上野式」というのは、故・上野俊夫氏が1985年4~6月の「PCマガジン」(ラッセル社)に連載された機械翻訳のシステムです。その後同社から『パーソナルコンピュータによる機械翻訳プログラムの制作』として書籍にもまとめられています。

その「驚き」というのは、私もいつか来た道です。現在は「敬意を表して別の道を行く」こととしています。この記事では、自然言語処理を趣味で取り組んでいる方へ向けて、「別の道」を採った判断根拠や、「別の道」としてのHPSGやオブジェクト指向Perlという道具仕立ての利点などを、簡単ではありますが紹介してみます。

(「HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論」の続きを読む)

2009/1/17

メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応

分類: 開発記 / タグ: , , , , ,
コメント4件

そういえば1月15日からwillcom.comというメールアドレス用ドメインの供用が開始されました。ということで、エスペラントのメール辞書引き機能について、「短い方のアドレス」の受容可能アドレスの規則を変更し、先程対応版を反映致しました。

早めの対応が出来なかったささやかな理由や、実装してみて気付いた違和感などは、コードを肴にしつつ以下で述べます。

(「メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応」の続きを読む)

2008/12/26

Attribute::*を使ったモジュールを動的ロードする

分類: 備忘録, 開発記 / タグ: , , ,

問題

Attribute::*系のモジュール (Attribute::Protected, Attribute::Final, Attribute::Alias, Attribute::Constant, Attribute::Method, etc…)を使ったモジュールを動的にロードしたい。

解法

importメソッドかBEGINブロックでrequire, importします。詳細は以下の通りです。

(「Attribute::*を使ったモジュールを動的ロードする」の続きを読む)

2008/2/17

穴を掘って埋め戻す見出し語表示

分類: 公開, 開発記 / タグ: , , ,
コメント1件

辞書引き機能のversio 2.3.0を公開しました。見出し語表示で品詞・分野情報・同義語等を表示するようにしたものです。

これまでは先発アプリケーションに対してともすれば劣位な表示であったのですが、「わざわざそうしていたのは辞書引き機能が翻訳システムの副産物だからだ」という開発者の以下の言い分も聞いてあげてください。勿論、今回の改版内容を何故最初から施さなかったのだというご批判はごもっともですが……。

(「穴を掘って埋め戻す見出し語表示」の続きを読む)

2008/2/16

カーソル(キャレット)位置の取得法

分類: 公開, 開発記 / タグ: , , , ,

言及が遅くなりましたが、辞書引き機能のversio 2.2.0, 2.2.1を公開しました。バージョンの上がり具合は2.2.1の方が小さいのですが、実装に掛けた労力はむしろ大きかったです。といっても前者は1行のみ、後者はGoogleで検索した結果をいくつか参考にさせていただいただけで、五十歩百歩と言えますが。

(「カーソル(キャレット)位置の取得法」の続きを読む)

< 脇書非表示 > 脇書表示