Ermitejo - エスペラント語日本語翻訳

#BLOGO
2009/1/29

HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論

分類: 開発記 / タグ: , , , , , , , , ,

日本広しといえど、今更エスペラントと日本語の翻訳システムという「車輪の再発明」を行おうという物好きは私くらいのものだと思っていましたが、先日物好きの仲間が増えました。アキラさんという方です。「エスペラントを勉強せずに」というブログを立ち上げられ、精力的に更新を続けていらっしゃいます。

ブログを数ヶ月も平気で放置するどこかの誰かはアキラさんの爪の垢を煎じて飲むべきだと思いました。

という反省はさて措き。そんなアキラさんが上野式システムにいたく驚かれているようです。「上野式」というのは、故・上野俊夫氏が1985年4~6月の「PCマガジン」(ラッセル社)に連載された機械翻訳のシステムです。その後同社から『パーソナルコンピュータによる機械翻訳プログラムの制作』として書籍にもまとめられています。

その「驚き」というのは、私もいつか来た道です。現在は「敬意を表して別の道を行く」こととしています。この記事では、自然言語処理を趣味で取り組んでいる方へ向けて、「別の道」を採った判断根拠や、「別の道」としてのHPSGやオブジェクト指向Perlという道具仕立ての利点などを、簡単ではありますが紹介してみます。

(「HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論」の続きを読む)

2009/1/17

メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応

分類: 開発記 / タグ: , , , , ,
コメント4件

そういえば1月15日からwillcom.comというメールアドレス用ドメインの供用が開始されました。ということで、エスペラントのメール辞書引き機能について、「短い方のアドレス」の受容可能アドレスの規則を変更し、先程対応版を反映致しました。

早めの対応が出来なかったささやかな理由や、実装してみて気付いた違和感などは、コードを肴にしつつ以下で述べます。

(「メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応」の続きを読む)

2009/1/1

謹賀新年 ~ 2009年年頭のご挨拶

分類: 雑記 / タグ: , ,

新年明けましておめでとうございます。旧年中に皆様からいただきましたアクセス・ご支援などに対し、改めまして深い感謝を申し上げますと共に、新年のご挨拶を申し上げます。

(「謹賀新年 ~ 2009年年頭のご挨拶」の続きを読む)

2008/4/1

ErmitejoはGooogleに買収されます

分類: 開発記 / タグ:

【マウンテンビュー、カリフォルニア/2008年4月1日】世界最大のオンライン検索エンジンを運営する米国Gooogle社(NASDAQ: GOOOG)は、エスペラント翻訳システム「エルミテーヨ」(Ermitejo)を開発・運営するドイツ民主共和国籍域内共時解法用役機構(ZSSS)を吸収合併することで合意したと発表しました。

(「ErmitejoはGooogleに買収されます」の続きを読む)

2008/2/19

メトカーフの法則とエスペラント運動

分類: 雑記 / タグ: ,

やや旧聞に属しますが、巡回先のウェブログ「AIR-internet-EDGE」にて、「メトカーフの法則から見るウィルコムの戦略考」という、とても興味深い記事を拝見しました。「ムーアの法則」は有名過ぎて、業界の人間でなくても(PCに興味があれば)常識のように通じますが、「メトカーフの法則」(メトカルフェの法則)という法則は初めて知りました。

この法則は、以下の通り定義されています(上記リンク先、Wikipediaからの引用)。

通信網の価値は利用者数の二乗に比例する。また、通信網の価格は利用者数に比例する。

乱暴に諺で喩えると、つまりは「長いものには巻かれろ」ということです。

さて、察しの良いエスペランティスト読者諸姉諸兄なら、この時点で気付かぬはずがないことがあります。すなわち、この法則は、情報通信の枠にとどまらず、エスペラント運動の現状と未来を示していると。

(「メトカーフの法則とエスペラント運動」の続きを読む)

< 脇書非表示 > 脇書表示