Ermitejo - エスペラント語日本語翻訳

#BLOGO
最近の記事へ >
2009/1/29

HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論

分類: 開発記 / タグ: , , , , , , , , ,

日本広しといえど、今更エスペラントと日本語の翻訳システムという「車輪の再発明」を行おうという物好きは私くらいのものだと思っていましたが、先日物好きの仲間が増えました。アキラさんという方です。「エスペラントを勉強せずに」というブログを立ち上げられ、精力的に更新を続けていらっしゃいます。

ブログを数ヶ月も平気で放置するどこかの誰かはアキラさんの爪の垢を煎じて飲むべきだと思いました。

という反省はさて措き。そんなアキラさんが上野式システムにいたく驚かれているようです。「上野式」というのは、故・上野俊夫氏が1985年4~6月の「PCマガジン」(ラッセル社)に連載された機械翻訳のシステムです。その後同社から『パーソナルコンピュータによる機械翻訳プログラムの制作』として書籍にもまとめられています。

その「驚き」というのは、私もいつか来た道です。現在は「敬意を表して別の道を行く」こととしています。この記事では、自然言語処理を趣味で取り組んでいる方へ向けて、「別の道」を採った判断根拠や、「別の道」としてのHPSGやオブジェクト指向Perlという道具仕立ての利点などを、簡単ではありますが紹介してみます。

(「HPSGとオブジェクト指向言語による機械翻訳序論」の続きを読む)

2009/1/17

メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応

分類: 開発記 / タグ: , , , , ,
コメント4件

そういえば1月15日からwillcom.comというメールアドレス用ドメインの供用が開始されました。ということで、エスペラントのメール辞書引き機能について、「短い方のアドレス」の受容可能アドレスの規則を変更し、先程対応版を反映致しました。

早めの対応が出来なかったささやかな理由や、実装してみて気付いた違和感などは、コードを肴にしつつ以下で述べます。

(「メール辞書引き機能のwillcom.comへの対応」の続きを読む)

2009/1/11

Perl 5.10.0のcoreserver.jpへの導入(実践編)

分類: 開発記 / タグ: , , ,

Perl 5.10.0のcoreserver.jpへの導入(発起編)という記事を年末に書きましたが、正月休みには作業が出来ませんでした。ということで少々時間が出来たことで作業したのですが、存外に簡単に出来てしまいました。以下にその手順をご紹介します。XREA plusでも同様の手順だと思います。

問題

Perl5.10.0を、ホスティングサービス会社の共有サーバのユーザ領域にインストールしたい。例えばcoreserver.jp等で使いたい。

解法

ActiveState社の用意したパッケージを使ってインストールします。coreserver.jpへのインストール方法の詳細は以下の通りです。

(「Perl 5.10.0のcoreserver.jpへの導入(実践編)」の続きを読む)

2008/12/26

Attribute::*を使ったモジュールを動的ロードする

分類: 備忘録, 開発記 / タグ: , , ,

問題

Attribute::*系のモジュール (Attribute::Protected, Attribute::Final, Attribute::Alias, Attribute::Constant, Attribute::Method, etc…)を使ったモジュールを動的にロードしたい。

解法

importメソッドかBEGINブロックでrequire, importします。詳細は以下の通りです。

(「Attribute::*を使ったモジュールを動的ロードする」の続きを読む)

2008/12/16

CGI::Sessionのファイル保存先を階層化する

分類: 備忘録, 開発記 / タグ: , ,

問題

CGI::Sessionモジュールで、セッションを生ファイルに格納している。指定したディレクトリ配下に全てのファイルを格納するのではなく、セッションIDの頭文字を付けた子ディレクトリの下にばらして保存したい。つまり、

/foo/bar/session
    a07cc22875335fd43b139d7a560687f7.obj
    8b82046493d32b808c6ff3b731414fc4.obj

ではなく、

/foo/bar/session/a
    a07cc22875335fd43b139d7a560687f7.obj
/foo/bar/session/8
    8b82046493d32b808c6ff3b731414fc4.obj

のように。

解法

CGI::Session::Driver::fileモジュールのinitおよび_fileメソッドにパッチを当てます。詳細は以下の通りです。

(「CGI::Sessionのファイル保存先を階層化する」の続きを読む)

最近の記事へ >
< 脇書非表示 > 脇書表示